ガス配管引き直しについて

現在、ガス配管に使用されているガス管の材料は主に亜鉛メッキ鋼管です。
亜鉛メッキ鋼管は昭和20年代にガス配管の材料として使用され始め、腐食に強いガス管として広まりました。
露出配管は風雨にさらされますがもあまり腐食は発生しません。
しかし、亜鉛メッキ鋼管を埋設してしますと、埋設環境により変わってきますが、時間とともに腐食が進行してしまいます。
埋設されたガス管の耐用年数は一般的に平均20~30年といわれています。

ガス配管には、建物と同様に寿命があります。地面に埋設されたガス管が腐食することで、そこからガスが漏洩し事故に繋がる場合もあります。

ガス会社では事故防止のため、ガス配管の漏洩点検やお客様への安全周知などに取り組んでいます。

浅野すまい設備では、老朽化したガス配管の点検調査や取替修繕も受け付けておりますので、お気軽にご連絡下さい。